Entries

♪レッスン31回目♪

レッスン行ってきました~♪



ハノン

今日のくじ引きスケール
Des dur         b moll

来週から、41番のアルペジオも追加になります。
たま~に自主練する程度なので、レッスンでみていただくことになれば真面目に取り組むと思います。
ということで、先生の提案を受け入れました。




ツェルニー30番~20番 ヘ長調

右手の指1本1本の運動を明確にするための練習

焦った感じで速く弾いてしまったので、ゆっくり練習とリズム練習をしました。
指定速度では転ぶところがあるので、少しだけ速度おとして弾き直し。
「いい感じに弾けた~(^^)/ やった~合格!?」(心の声)

「ふつうは合格だけど、ショパンのエチュードに取り組むためにもいい練習になるから、もう一週やりましょうか」

ってことは、指定速度に限りなく近くってことですね( ;∀;)
一応指定速度に取り組んでいましたが、一週間では届きませんでした。
レベルアップしたいのでもう一週頑張りたいと思います。




バッハ インヴェンション9番 ヘ短調

仕上げ撮影の前に練習で弾いてみました。

「淡々と弾いているので、速度はもう少しゆっくりでいいから歌わせて」

2回目はいい感じで弾けたので、撮影開始。
でもね、やっぱり撮影になるとミスしてしまう。

再度、撮影開始。
集中できるように、先生はレッスン室を出てくださいました。
3分の2あたりでミス~(泣)

「どうする?完璧に仕上げるためにもう一週やる?」と先生。
弱々しく「もういいかな~」
と言ったものの、「やっぱり、もう一週頑張ります」



バッハ インヴェンション10番 ト長調

弾きやすい曲ですが、小節あたまの左手トリルのところで流れが一瞬止まる。
モルデントは問題ないけど、トリルが弾きにくい。
自分で気づいていましたが、先生からもそう言われました。
チェックが入ったのはそこだけでした。
テンポをあげて、来週は仕上げとのことです。
何度も撮り直さないでいいように、気合い入れて練習しよう。




モーツァルト ソナタ第11番(KV331)第2楽章

仕上げ撮影をお断りして、細かな部分を最初からもう一度みていただきました。

指定の指使いで弾きにくい3度のレガート・・・
先生は、私が弾いてる指使いではなかった~
ヘンレ版の指番号守ってたのに~
指使い変えたら、弾きやすくなりました♪
「ちょっと違うけど、ハノン54番(3度の4重トリル)を練習するといいよ」とアドバイスいただきました。



モーツァルト ソナタ第11番(KV331)第3楽章

25~31小節 56~63小節
右手オクターブで進行するところ
ペダルの入れ方 OKでした。

89~95小節
右手オクターブの分散和音進行のところ
手が疲れます・・・慣れですか・・・

96小節からのCODA
115小節から116小節に入るところは少し間があっても良い。



今日も盛りだくさんのレッスンでした。
1時間のレッスンなのに毎回1時間半みていただいています。
1時間半でも足りないのですが・・・
2時間レッスンにしてもらおうかな~なんてね(≧▽≦)



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

★あ~や★

Author:★あ~や★
FC2ブログへようこそ!

最新記事